赤ちゃんにおすすめの絵本5選!

赤ちゃんにおすすめの絵本

この記事では、0さい〜の赤ちゃんにおすすめの絵本をご紹介いたします。

 

絵本はいつから?

いつからがベストなのかは赤ちゃんの個人差があるため、日々の成長を見ながら決めましょう。

おすわりができるようになる頃からが絵本に興味を持ってくれる時期だと思います。

初めの頃は音がなる絵本や布製の絵本、遊び感覚で絵本に慣れるのもおすすめです。

 

おすすめの絵本5選

私が保育士としておすすめする絵本を厳選しました。

0さいの赤ちゃんからどうぞ。

 

もこ もこもこ

赤ちゃんから幼児まで大人気の絵本が「もこ もこもこ」。

詩人の谷川俊太郎さんが書いています。

 

「しーん」

「もこ」

 

と独特のおもしろい音。

子どもたちの感性を引き出します。

 

「音」のみで作られる世界観は赤ちゃんにも優しくなじみます。

 

谷川俊太郎さんによる読み聞かせはこちら。

 

じゃあじゃあびりびり

「わん わん」 「ぶー ぶー」など赤ちゃんにおなじみの言葉がのっている絵本。

厚紙でできたコンパクトサイズの絵本なので、赤ちゃんが絵本に触れたりページをめくったりするにも最適。

原色のカラーイラストも赤ちゃんの興味を引きます。


スポンサーリンク

がたん ごとん がたん ごとん

子どもが大好きな電車の音、「がたん ごとん」。

「のせてくださーい」の呼び声とともに個性あふれるキャラクターたちが、次々と電車にのりこみます。

フレーズのくりかえしを楽しめる絵本。

 

だるまさんシリーズ

「だるまさん が」「だるまさん の」「だるまさん と」の3冊セット。

1冊ずつ買うことができますが、ハマること間違いなし!の絵本なので、はじめからセットで買ったほうがケースもついてお得です。

かがくいひろしさんの絵は温かくてやさしい。

 

「だ・る・ま・さ・ん・が・・・」

「どてっ」

 

絵本の中でだるまさんが動くと赤ちゃんもマネっこしてくれます。

なんどもリピート必須のおすすめシリーズです。

 

いないいないばああそび

有名な「あかちゃんのあそびえほん」シリーズから。

 

「いない いない・・」

ページをめくると、

「ばあ〜」

とこいぬのコロが登場。

 

赤ちゃんと一緒にページをめくって遊びたくなる絵本です。

2 COMMENTS

ぽぽんちゃん

こんばんは。ぽんちゃんと申します。

私も6ヶ月の娘がいるので
とても参考になりました!
ありがとうございました!

返信する
管理人

ぽんちゃんさん、コメントありがとうございます!

記事が参考になったということで嬉しいです。

またぜひブログに遊びにいらしてください。

返信する

ぽぽんちゃん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です